Copyright ⓒ 2008-2050 A RED CRAYON All Rights Reserved.

2012年05月26日

ビエンナーレうしく公開審査に行ってきました。

イベント先日、応募したビエンナーレうしくの公開審査にいってきました。
残念ながら、私の作品は一次審査で選外となってしまいました。
初めての公募展応募で、さらに人気の公募展とあって、みんな結構作品のレベルは高いものが多いことがわかりました。
私の作品は、ちょっと、おとなしすぎで、インパクトが足りなかったと反省しています。

全国からの応募作品数は1369点、応募者総数は1038人、何と,岩手県を除いく残り全ての都道府県から出展、すごいとおもいました。茨城県が一番多いかと思いきや東京がトップで169人、茨城は2番目の166人で、千葉、埼玉、神奈川と続きます。

審査は朝10時から、審査委員長林紀一郎(美術評論家)、市川政憲(茨城県近代美術館長)、大津英敏(多摩美術大学教授・洋画)、滝沢具幸(武蔵野美術大学教授・日本画)、中林忠良(東京芸術大学教授・版画)の各先生方によって行われ、5〜6点ずつ壇上に並べ、先生方が投票する方式でした。1票でも入れば、一次審査入選となり、明日、27日の審査で入選作品を選び、そして最終審査で入賞をきめる流れです。

残念ですが、2年後再チャレンジします。
この結果を謙虚に受け止め卒業制作に生かします。

明日の審査も観てみたいと思いますが、明日は、気持ちを切り替えて、つくばセンター広場を中心に行われる。北条商店街チャリティーライブに行ってきます。
379261_311756892237588_100002098383373_736527_1704057467_n.jpg←クリックすると大きくなります。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村




posted by red_crayon at 18:56| 茨城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Crayon diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright ⓒ 2008-2050 A RED CRAYON All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。