Copyright ⓒ 2008-2050 A RED CRAYON All Rights Reserved.

2012年06月22日

残したい土浦の建物

今日、用事あったので仕事を休みました。
土浦にも用事があったのでまで出かけてきました。
ついでに、ムサビ通信で建築論の課題の下見のために、古い建物を探しに
土浦の町を散策してきました。
さすが歴史のある町なので、古い建物があります。

土浦_武蔵屋1.jpg
土浦も様変わりしてしてしまって、平日の昼過ぎの町中は静かで人通りも少ない。
昔の賑わいは全く感じられないけれど、武蔵屋さんという佃煮屋さんの建物、交差点に突き出た風景は昔と変わらず懐かしい。
筑波山と霞ヶ浦、帆掛け船の絵の看板は綺麗なので、最近描き換えられたのでしょうか?

土浦_武蔵屋2.jpg
お店の正面、佃煮の問屋さんですが、昔は佃煮のお土産を売っていたような記憶ですが、今はどうでしょうか・。

土浦_武蔵屋3.jpg
裏側に回ると表の古い建物にくっついた少し新しそうなビルになっている。
古い方の上層部の看板建築の模様がとても、モダンで素敵です。


土浦_武蔵屋4.jpg
その脇は、蔵になっていますが、ここも例外なく震災で屋根瓦が落ちてしまったようですが、
葺き替えられて、長く使われることを願っています。


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村




posted by red_crayon at 19:54| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MAU_diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

美術館のハシゴしてきました。

雨 雨の中、乃木坂の新国立美術館へ第83回第一美術展とエルミタージュ美術館展を見に行ってきました。
第83回第一美術展は、ムサビ通信の仲間が、出展して入選した葉書を頂いたので、見てきました。友人の作品も良かったですが、歴史のある美術展とあって、みんな力作揃いで素晴らしかった。
やはり、絵はどんどん描かないとダメだなと思いました。
さあ、また絵を描くぞといっぱい刺激を受けてきました。

同じ美術館で開催中のエルミタージュ美術館展も見てきました。
前から見に行きたいと思っていたのでちょうど良かったと一緒に見てきました。
こちらは、素晴らしい名作をみることが出来たのは、良いのですが、鑑賞者のマナーの悪さにはちょっと、がっかりでした。ほんとにおしゃべりがうるさかった。
聞きたくもない、素人解説の会話、あげくの果て、世間話をするグループも、折角の名画鑑賞も台無しでした。

折角でしたが早々に引き上げ、「近代洋画の開拓者高橋由一」を観るため、上野の芸大美術館へ向かいました。
上野に着いた頃は大分雨脚も強くなり、おまけに風も強まってきました。
こちらの鑑賞者はみなさん、静かでとてもマナーも良かったです。

上野_02.jpg
芸大美術館前の「鮭の看板」

上野_01.jpg
雨にもかかわらず沢山の入場者(沢山の傘)

あまりにも有名なのは、教科書にも載っている新巻鮭を描いた高橋由一の「鮭」の作品ですが、「日本には洋画が必要である」と幕末から明治にかけて油絵を日本に普及しようと奔走した由一の生き方に感動しました。
「鮭」の大きさにも圧倒されましたが、「花魁」も実物が観ることができ、他にも多くの静物画、肖像画、風景画を一同に観ることが出来ました。


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村


posted by red_crayon at 20:57| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright ⓒ 2008-2050 A RED CRAYON All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。