Copyright ⓒ 2008-2050 A RED CRAYON All Rights Reserved.

2013年11月23日

25日から十人十色の学び展はじまります

11月25にから開催の「十人十色の学び展」がはじまります。私は今回大小6作品を出展します。その中の一つ、「大地の恵みー収穫」を会場当て送付しました。

収穫2.jpg
大地の恵み−収穫 F50号キャンバス 油彩

 アートこの作品は、大地の恵み−冬(卒業作品)を制作するために下絵の一つとして試作したものです。ムサビ通信の絵画Y通信課題の一つとして制作した作品ですが、作品としては未完成であったため、今回のグループ展に向けて大幅に手を加えて完成させました。

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村



posted by red_crayon at 07:04| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

十人十色の学び展

武蔵美で学んだ12人のグループ展です。
私も参加しております。
入場は無料です。
気軽にのぞいてみてください。

武蔵美卒業生による展覧会
十人十色の学び展

会期:2013.11/25(月)~11/30(土)
場所:Salon de G(サロン ド ジー)
   中央区銀座6-4-6 646ビル9階
アクセス マップ(下記参照)
http://www.salon-g.com/access/access.html

グループ展01.jpg

グループ展02.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村



posted by red_crayon at 17:50| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

多摩美 芸祭祭2013

多摩美術大学 八王子キャンパス
11.2(土)ー4(月)
http://dp23165339.lolipop.jp/mobile/mobile.html

image-20131101063201.png

posted by red_crayon at 07:13| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤 陽香 展

佐藤 陽香 展
ー窓ー
2013.11.4(月)ー10(日)
◯ギャラリー
〒104-0061東京都中央区銀座1ー4ー9
第一田村ビル3F
http://www.tokyoartbeat.com/event/2013/0E76

image-20131101060642.png

posted by red_crayon at 06:16| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

女流画家協会展に行ってきました。

東京に出かける用事があったので、ついでに上野の東京都美術館で今日から開催の女流画家協会展を覗いてきました。
金沢在住のムサビ通信の先輩Kさんから、案内を頂いていたものです。
残念ながら、著作権の関係で撮影は出来ないので写真ではご紹介出来ません。
作品全体として色使いが明るい作品が多いのと、女性ならではの優しい眼差しで描いた作品や繊細な作品にとても感銘を受けました。
Kさん、ご案内ありがとうございました。

この展覧会は7月6日(土)まで開催していますので、是非見に行ってください。

130629_iphone5_02.jpg

130629_iphone5_03.jpg

130629_iphone5_10.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村


posted by red_crayon at 18:52| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

太平洋展の図録

太平洋展の図録が昨日届いた。
図録に載るとちょとうれしい。

943597_469081213178281_271977597_n.jpg

936990_469081286511607_238951284_n.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

posted by red_crayon at 21:00| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

太平洋展に入選

ムサビの卒業制作で描いたキャベツが太平洋展に入選しました。
会期 5月15(水)から27(月)まで
会場 国立新美術館
417796_465208763565526_1095456717_n.jpg

130310_卒制展_0010.jpg
大地の恵み_冬

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

posted by red_crayon at 16:00| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

今年も日展見てきました。

かみさんの従姉が今年も皮工芸で日展に入選したので、招待券を頂き、国立新美術館に見に行きました。
工芸作品は、様々な作品がありとても良かったと思います。
一緒に洋画、日本画も見てきました。ちょっと残念に思ったのは、洋画の人物作品について、写実的に描いた作品が多いのですが、私も見てすごい写真のようだと思う作品がありましたが、私にはみんな同じように見えてしまうのです。
特選に選ばれた作品は写実的な人物の表情だけでなく、背景や空間処理がうまく、人物を取り巻く空気感がすばらしいと思いました。
そえに比べ、日本画は個性的な作品が多く、見に来て良かったと思いました。

日展_0001.jpg
雨の日でしたが、美術館周辺の色づいた葉がきれいでした。

日展_0004.jpg
帰りに北千住で昼食、てんやで海鮮天ぷら丼をおいしく食べましたが、そのあと胸焼けが...油とり過ぎ?

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村


ラベル:日展
posted by red_crayon at 18:00| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

美術館のハシゴしてきました。

雨 雨の中、乃木坂の新国立美術館へ第83回第一美術展とエルミタージュ美術館展を見に行ってきました。
第83回第一美術展は、ムサビ通信の仲間が、出展して入選した葉書を頂いたので、見てきました。友人の作品も良かったですが、歴史のある美術展とあって、みんな力作揃いで素晴らしかった。
やはり、絵はどんどん描かないとダメだなと思いました。
さあ、また絵を描くぞといっぱい刺激を受けてきました。

同じ美術館で開催中のエルミタージュ美術館展も見てきました。
前から見に行きたいと思っていたのでちょうど良かったと一緒に見てきました。
こちらは、素晴らしい名作をみることが出来たのは、良いのですが、鑑賞者のマナーの悪さにはちょっと、がっかりでした。ほんとにおしゃべりがうるさかった。
聞きたくもない、素人解説の会話、あげくの果て、世間話をするグループも、折角の名画鑑賞も台無しでした。

折角でしたが早々に引き上げ、「近代洋画の開拓者高橋由一」を観るため、上野の芸大美術館へ向かいました。
上野に着いた頃は大分雨脚も強くなり、おまけに風も強まってきました。
こちらの鑑賞者はみなさん、静かでとてもマナーも良かったです。

上野_02.jpg
芸大美術館前の「鮭の看板」

上野_01.jpg
雨にもかかわらず沢山の入場者(沢山の傘)

あまりにも有名なのは、教科書にも載っている新巻鮭を描いた高橋由一の「鮭」の作品ですが、「日本には洋画が必要である」と幕末から明治にかけて油絵を日本に普及しようと奔走した由一の生き方に感動しました。
「鮭」の大きさにも圧倒されましたが、「花魁」も実物が観ることができ、他にも多くの静物画、肖像画、風景画を一同に観ることが出来ました。


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村


posted by red_crayon at 20:57| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

公募展に応募します。

アート先月の25日に「ビエンナーレうしくー第4回全国公募絵画展ー」に申し込んできました。
初めての公募展応募です。
ただ今、応募に向けて制作中です。
申し込み番号は425番でした。
事務局にたずねたところ、3月末の最終日までに前回は約1,400人の応募者があったそうです。
今回も締め切り最後の1週間で、1.000人以上になるのではとのことでした。
そのうち、入選者数は120人。(この人数は会場の展示スペースに展示できる最大数だそうです。)
111.7倍の応募者数です。賞金額が大賞300万円(1点・買上賞)、優秀賞100万円(1点・買上賞)、佳作7万円(2点)、市民賞(1点)と高額な賞金が人気で応募者数が多いようです。
賞金は無理でも、入選したいものです。
なんといっても、私の住んでいるところから一番近いところの公募展であり、公開審査があることも魅力的で応募することにしました。
春の花_0012.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

posted by red_crayon at 21:41| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

青木今陽小品展

イベントこの春ムサビをご卒業された青木今陽さんの小品展が日本橋で開催されております。
詳しくは次のpdfファイルをご覧下さい。

青木さん個展001.pdf
青木さん個展002.jpg
イベントあわせてこちらもご覧下さい。
 65周年記念示現展
 会場 国立新美術館
 4月4日(水)〜4月16日(月)
 青木さんも入選されています。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村


posted by red_crayon at 04:42| 茨城 | Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

アルブレヒト・デューラー展報告

晴れちょっと前になりますが、義理の従姉妹が革工芸で日展に入選したので、私の54歳の誕生日の12月4日に見に行きました。その帰りに、上野を回って西洋美術館で開催中のアルブレヒト・デューラー展をみてきました。
今回の展示は木版や素描を中心に小作品でしたが、その細密さに感動しました。
アルブレヒト・デューラーについては、印刷文化論で学んだので良く知っていますが、本物を見られてとても良かったと思います。
ドイツ絵画の父とも言われているそうです。
来年1月16日まで開催していますので、時間がとれる方は必見です。


上野_0011.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村


posted by red_crayon at 19:16| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

ドガ展に行ってきました。

晴れ横浜美術館でドガ展を見てきました。
今日は、立冬で暦の上では冬になりましたが、雲が多かったものの晴れて暖かい一日でした。
ドガ展は混んでいるだろうなと思っていましたが、そんなに混雑することもなくゆっくりと見ることが出来ました。
きっと、今日から15日までのAPEC関連会議開催に伴う交通規制や警備を避けて、入場者が少なかったのかも知れません。

写真-4.jpg

今回の目玉は、エトワールの初来日ですが、ほんとに素敵でした。
ドガというと踊り子というイメージですが今回はこのエトワールを始め、絵画、素描、彫像、写真など沢山の130点あまりが展示されていました。
一つの作品を描くのにドガは沢山の習作を残しているの知っていましたが、絵を書く前に、彫像を作成し難しいポーズなどを形として造ってから、描いていたことを知りました。
丁寧な作品作りを知って益々好きになりました。

ドガ展_0002.jpg

写真が発明されるといち早く絵の作製に写真を取り入れていたこともよく知られていますが、今回は絵のもととなった写真もとても興味深くみました。60歳過ぎて写真に出会って、使いこなし自分のものにしていることにも驚きました。
ドガは30代から目を悪くし少しずつ視力が落ちて、油絵から、パステル画に切り替えて行きますが、晩年はほとんど見えなくなっても、「目が見えなくても聴力がある。」と言って83歳で亡くなるまで作品を描き続けたことを知り感動しました。

ドガ展_0010.jpg

美術館周辺もすっかり秋の紅葉ケヤキ並木の下は紅葉した落ち葉が綺麗でした。


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

posted by red_crayon at 20:47| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

ローズ オニール キューピー展に行ってきました

車(セダン)今年の夏スクも終わった夏休み最後の日曜日の29日に宇都宮美術館へ誕生100年ローズ オニール キューピー展を見に行ってきました。
宇都宮美術館までわが家から80数キロ、車で出かけてきました。
誰でも良く知っているキューピーさんですがその誕生から100年になります。
ローズ オニールさんというイラストレーターが作り出したキャラたーで、その当時、いち早く意匠登録つぱり米国でパテントをとっています。
いまでもその愛くるしい姿は人気者ですが、一人の女性イラストレーターが生み出し世界中に広がって愛されているって凄いですね。

100829_キューピー_0001.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村


posted by red_crayon at 05:05| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

オルセー美術館展2010ポスト印象派

晴れ 連休2日目の日曜日の昨日午前中、国立新美術館にオルセー美術館展2010を見に行ってきました。
1880年代から1900年にかけてフランスで活躍した、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、スーラといった画家たちをポスト印象派と言うのですが、115点もの作品が、日本にやってきています。
パリのオルセー美術館の展示スペースの改修工事にあわせ日本に貸し出されているのだそうです。
開催は5月26日から8月16日でもうすぐ終わりということと、三連休とあって、大変混み合っていました。
こんなに多くの作品を日本国内で見られるまたとないチャンスで、もっと早く行きたかったのですが今になってしまいました。
非常に混雑しており、特に日傘の女性(クロード・モネ)、階段を上がる踊り子(エドガー・ドガ)、自画像(ファン・セント・ファン・ゴッホ)の前は人が溜まって、大変な混みようでした。
私は、これらの作品を見るのも楽しみでしたが、ポール・セザンヌの「セザンヌ夫人」や「台所のテーブル(篭のある静物)」などの作品やポール・ゴーギャンの「タヒチの女たち」、ジョルジュ・スーラの「ポーズする女」正面・横向き・後ろ向きが見られたことがとても良かったと思います。それにロートレックの作品も生で見たことがこれまでなかった(記憶にない)ので、これもラッキーでした。
50分待ちで、混雑している分人の流れに任せて見学したので、一つ一つの作品をゆっくりと見ることが出来ました。
なぜ、日本でこれほどまでも多くの作品が展示されるのか?
いつだったか、新聞にこんな事が書いてあったように思います。「日本に持って行くと他の国よりも多くの入場者を得られ、損しないし、安全なのだそうです。」

オルセー美術館展_0002.jpg

オルセー美術館展_0001.jpg
帰る頃(12時30分頃)はさらに混雑していました。
posted by red_crayon at 11:53| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

陽香さんの絵画展に行ってきました

アート 午後から妻と長女をつれて、つくばのギャラリー彩花で開催中の「佐藤陽香展 匂やかな瞬き」に出かけてきました。
昨日のお天気とは違って今日は、穏やかに晴れた小春日和でした。
アクリル、パステル、水彩クレヨンで描かれた陽香さんの作品をみていると、その優しい色使いにホッとした気分になり、心が和み癒されます。

haruka.jpg


次項有ギャラリーのホームページはこちら
ギャラリー彩花http://www.g-saika.com/schedule.htm
次項有陽香さんのブログはこちら
atelier 寧http://blossom516.exblog.jp/
ラベル:佐藤陽香
posted by red_crayon at 21:06| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

「古代ローマ帝国の遺産」をみてきました。

くつ
国立西洋美術館で12月13日まで開催中の「古代ローマ帝国の遺産」をみに上野に出かけてきました。例によって今回も新聞販売店のサービスの招待チケットでみてきました。

ポンペイの遺跡から発掘された白大理石の彫像やブロンズ像、ローマの美しい庭園と鳥や植物を描いたフレスコ壁画などたくさんの美術品が展示されていました。
特に大きな大理石の彫像は、普段見慣れた石膏像とは違って、美しく迫力のあるものでした。
今回初めて海外に持ち出された貴重な展示品もあり、みてきてよかったと思いました。

kodairouma.jpg

ueno.jpg
雨の降りそうな曇り空の中、沢山の人が入場していました。
posted by red_crayon at 21:53| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

認識を新たにした「うるわしき大正新版画展」

アート 妻と江戸東京博物館「よみがえる浮世絵ーうるわしき大正新版画展」を見に行きました。
今回も新聞販売店から入手した招待券を片手に出かけてきました。
私は、はずかしながら「新版画」を今回初めて知りました。
伊藤深水の名前くらいは知っていましたが、新版画については、全く知りませんでした。
大正時代に江戸時代の浮世絵版画を復興させるために版元、版画家、彫師、摺師らが結集して新たな芸術「新版画」を生み、2,000点を超える作品が制作されました。そして、昭和初期にかけて興隆を極め、欧米で、”Ukiyo-e”がそうであったように、”Shin-Hanga”として、その芸術性に高い評価を受け、一大ブームを引き起こしたことをこの新版画展を見て初めて知りました。

今回はアメリカ人のロバート・ムラー氏のコレクションの中から、初めて日本に里帰りをした30点を含む、伊藤深水、橋口五葉、川瀬巴水など新版画を代表する版画家の作品250点とその資料が公開されています。その中には、当時海外から来日し、新版画の技術を習得し作品として残したフリッツ・カペリなど、外国人作家の作品も多く展示されています。
4,000点を超える新版画や明治錦絵の作品をコレクションし、新版画の世界的普及に貢献したムラー氏の足跡など興味深いものばかりでした。

itou-shinsui.jpg
伊藤深水の作品 対鏡続きを読む
ラベル:新版画 浮世絵
posted by red_crayon at 20:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

「ミリオンセラーの絵本原画と世界の絵本画家たち」を観てきました。

EHON.jpg

私の夏休みの最後の日の今日、妻と西新宿の損保ジャパン東郷青児美術館で30日まで開催の「〔特別展〕ちひろ美術館コレクションミリオンセラーの絵本原画と世界の絵本画家たち」を観てきました。
ちひろ美術館コレクションよりミリオンセラーの絵本原画をはじめ、国際アンデルセン賞画家賞やブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)などの国際的評価の高い受賞画家を含む世界の約18カ国70名120点の絵本原画を展示した特別展です。
普通の絵画とは異なって、そのきれいな色使いやユーモラスな絵を通じてほのぼのとした優しい気持ちになることが出来ました。

東京のちひろ美術館には大分前に2回ほど行ったことがありますが、絵本の原画は、安曇野ちひろ美術館に収蔵されており、今回東京で観られたことはとっても、良かったと思います。
ムサビ通信で絵本を履修したこともあり、絵本の果たす役割等についても学んでみたいと思っていたので、貴重な一日となりました。
機会があれば、安曇野ちひろ美術館にもいってみたいと思います。
ラベル:絵本
posted by red_crayon at 19:20| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

「やまと絵の譜」に行ってきました

電車電車丸の内の出光美術館で開催中の「日本の美・発見U やまと絵の譜」を見てきました。
明日が最終日なので、混んでいるかと思いましたが、そこそこの入りというところで、静かにじっくりと鑑賞してくることが出来ました。
今年、美術論を履修しているのですが、課題1が「やまと絵の定義と変遷についてまとめなさい。」という内容なので実際に見て、やまと絵について学べればと思って行ってきました。
日本画の繊細な美しさにふれ、ほっとした気持ちになりました。
この気持ちはどこからくるものなのかは良くわかりませんが、日本人として生まれ、遺伝子に組み込まれた何かがそうさせているような気がします。
出光美術館のある丸の内の帝劇まで、TX守谷から暑い外を歩くこともなく片道1時間で行ってこれました。

list-1_ページ_1.jpg
posted by red_crayon at 21:18| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Art exhibition etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright ⓒ 2008-2050 A RED CRAYON All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。